ちゃんゆめログ
役に立つ、人生

大学生がやるべきことと、やるべきでないこと(投資、バイト、大学)

こんにちは!ちゃんゆめです。

大学生の皆さん、今何をしていますか?毎日飲み会で騒ぎまくったり、バイトに明け暮れたりしていませんか?

それを否定するつもりはありませんが皆さんよく考えてみてください!

大学生は暇ではありますがその時間はたいへん短いです。そのうえ、その時間をだらだらと何の目標もなく過ごすか、自分で何かを取り組むかで、社会人になったときに周りと圧倒的な差をつけることができます。

今回は、そんな皆さんに私が思うやるべきことと、やるべきでないことを紹介していきたいと思います。

大学生がやるべきこと

まず、大学生がやるべきことを紹介していきたいと思います!

勉強

まずはこれですよね!学生の本業は勉強とまで言われているので皆さん勉強はしっかりしましょう!

一概に勉強といっても大学の勉強だけでなく、様々なことを勉強するのを私は強くお勧めします。特に、若いうちはお金の勉強をすることをお勧めします。

お金の勉強とは、株、投資、税金、自分の支出と収入を見直す、固定費を見直す、などなどたくさんあります。若いうちにこのようなことを学んでおくとお金のために働くお金の奴隷になることを免れる確率が上がります。

ぜひ、このブログのタイトルにもあるように、お金の勉強をしていきましょう!

資格を取る

大学生の皆さんは何でもいいので、資格を取ることお勧めします。その理由の一つは、受験という一大イベントを乗り越えた大学生はそれがゴールとなってしまい、目標を失ってしまうことが多いからです。

大学受験は私たちの人生の通過点にすぎません。そこに気付かず、大学生という有意義な時間を無駄に過ごしてしまう人が多すぎる気がします。

そこで、何かの資格を取ることで、改めて勉強する姿勢を身に着けたり、目標に向かってひたすら努力することができます。

でも、資格って一体何を取ったらいいか分からない…という方には簿記とFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取ることをお勧めします。

この二つはお金の勉強に非常に役立つスキルです。3級であれば合格率も高く、とりやすいと思われます。気になった方は調べてみてください。

みんなと違う思考をする

私は昔からマジョリティー(多数派)になるのが嫌で、マイノリティー(少数派)の道ばかり歩んできました。それによって友人関係がうまくいかなかった時期もありました。

しかし、本当に後悔は一切ないし、私が今後とも歩む道はマイノリティーの道であると思っています。

私たちはみんなと一緒であることが正しいというような固定観念をなぜか持っています。皆さんには、それを払拭し、自分で考えて行動してほしいと思います。

周りの子がアルバイトをやっているからとりあえずやる。のではなく、バイトをぜず自分のビジネスを考えてみる!などといった感じです。

周りの子がサークルに入っているから入る!ではなく、じゃあ私が第一人者となってあたらしいサークルを立ち上げてみよう!といったように、マイノリティーの思考で物事を考えてみてください。

それを怖いと思わず、若いうちにどんどん挑戦することでそれはあなたの強みに必ずなっていきます。

このマインドをぜひ大学生のうちに身に着けておくことをオススメします。

一人暮らし

一人暮らしは正直全大学生にやってほしい!!その理由は、一人で生活するのはめちゃくちゃ大変だからです。

私は正直、甘やかされて育ちました。もちろん洗濯や料理もしたことがなく、最初は母からお米の炊き方から教わりました。

そこでいかに一人で生活することの厳しさが分かりました。また、家計簿をつけるようになり、生活費ってこんなにかかるんだ…とも思いました。

私の例は少し特殊かもしれませんが、一人暮らしをすることで、見えることがいっぱいあります。

また、毎日のスケジューリングが自由なので、自分で体調管理や食事にも気を付けなければなりません。本当に、私は大学生になって一番成長した点かもしれません。

大学と実家が近い場合もぜひ一人暮らしをしてみることをお勧めします。一定期間でも構いません。

一人暮らしをすることで得られるメリットは絶対多いと思います。

料理

これはできて損はありません。正直、外食でもいいのですが、やはり自炊のほうが安く済みますし、栄養も偏りません。

料理は正直嫌いだったのですが、案外楽しいということに気づきました。

本当に料理が嫌いだという方は無理しなくてもいいと思うのですが、料理は気分転換やストレス発散にもなるし趣味にももってこいだと思っています。

また、女性であれ、男性であれ、料理ができるのはとても魅力的なのでモテたい方にもおすすめの趣味ですね!

サークル活動

サークル活動はとりあえず何かに参加してしてみましょう!人間関係は正直めんどくさいですが、それも経験だと思っています。しかし、自分に不要だと思った人間関係はすぐに切り、サークルも抜けましょう。気が合わない人と一緒にいてもなんのメリットもありません。情に流され、後ろ指をさされようが気にしなくてもいいと思います。

大学生活を送っていると一人ぐらいは何でも話せる親友が必ずできます。その親友を大切にしましょう。みんなと仲良くすることなんてできません。

海外旅行(長期旅行)

海外旅行は大学生のうちに行ってほしいものです。

その理由は、大学生は基本夏休みとして8、9月が、春休みとして2、3月が休みになりますよね。その、9月の時期や2月の時期の海外旅行は値段が圧倒的に安いからです。

旅行は時期によって値段が変動しますよね。ゴールデンウィークや年末年始で休みが取れたと思っても予約でいっぱいだったり、すごく値段が高く設定されてたりします。

しかし、大学生は休みが長く、旅行の日程も融通がききますよね。

そこで、わたしは ぜひ海外旅行を言ってほしいと思います。アメリカでも。、ヨーロッパでも、自分が好きなところに行ってみてください。また行きたいと思えたら、今度は社会人になっていきましょう。

車の免許を取得してドライブ

これも大学生の醍醐味の遊びといっても過言ではありませんよね。みんなで交代しながら遠出の遠出のドライブ旅行などはぜひ経験してもらいたいものです。

また、車の免許を取るのには予想以上に時間がかかりますので、大学生の長期休みのうちに取得しておくことをオススメします。

読書

大学生のうちは時間が多くあります。その時間をぜひ読書に充ててほしいと思います。読書は自分の知識を増やし、レベルアップするのにとても役立つ手段です。

目標は一か月で3冊読むことをオススメします。ぜひ、読書もやってみてください。

 

大学生がやるべきでないこと

次はやるべきでないことです。大学生は時間が有り余っているのでその時間を無駄に過ごしてしまうことが多いです。今回は私が時間を無駄にしているなあと思うことを紹介します。

アルバイト

大学生といえばアルバイトですよね。アルバイトをしている大学生は8割を超えるというデータもあるのでほとんどの人がしていると思います。しかし、私はアルバイト反対派です。

その理由はバイトは「お金のために働く」ことになりうるからです。詳しく説明すると、それは労働で自分をささげて、収入を得ていることになります。

コミュニケーション能力を上げたいから飲食店でバイトをする、などというのはいいことだと思うのですが、「お金を稼ぐため」にバイトをすることはおすすめしません。

バイトをするのであれば副業を考えてみましょう。大学生のうちからできる副業も多くあります。そこで積んだ経験はアルバイトの経験よりも何倍も役に立ちます。

ぜひ大学生の皆さんはいますぐアルバイトをやめる、もしくは頻度を低くしてその時間を自分の時間に充てることを強くお勧めします。

頻度の高い飲み会

これも無駄です。全部とは言いませんが本当に無駄だと思います。飲み会は楽しいのはその場だけで、何も生産性を生まないからです。

一方で、良い飲み会ももちろんあります。それは、他大学の人と意見を交換したり、今後のことについて語り合える場だと思います。ほかの人の意見を聞くのは、非常にためになります。このような考え方をしている人もいるのだな、と考えることができます。

私が特に無駄であるな、と思うのはいわゆる「飲みサークル」といわれるいつものメンバーでとりあえず飲むことです。

たまにだとストレス発散にはなると思います。しかし、その頻度が高いなと思う方は頻度を見直してみてもいいのではないでしょうか。

 

嫌いな友達と付き合うこと

大学生は極論、一人でいることが許される時期だと思っています。なので、嫌いな友達はどんどん切っていきましょう(笑)

こんなことを言うと、できるわけねえだろ!という声が飛んできそうなのですが、嫌いな人と関わる時間は自分にとって無駄です。

人間関係で悩んでいる人は非常に多いと思います。その方は、ぜひ岸見一郎さんの「嫌われる勇気」を読んでほしいと思います。この本を読むと私は人間関係がいい意味でどうでもよくなりました。

 

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]

落単、留年

これはいうまでもなく、って感じですよね。(笑)最短で卒業しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は大学生がやるべきこととやるべきでないことを紹介しました。やるべきでないことを少しでも減らし、やるべきことを少しでも増やしてみてはいかがでしょうか。

有意義な大学生活を送る学生さんが一人でも増えることを願っています。