ダイエット

楽して痩せるダイエットは存在しない!おすすめの正しいダイエット法

こんにちは!ちゃんゆめです。

今回は、このようなお悩みを解決します。

  • ダイエットがうまくいかない
  • ダイエットのやり方がわからない
  • 健康的に痩せたい

皆さん、ダイエットはしていますか?永遠のテーマであるダイエットはつらく、きついものですよね。

できれば楽して痩せたい…という方も多いと思います。

しかし、ここで私は断言します。

楽して痩せるダイエットは存在しません。

きついことを言ってしまってすみません(笑)しかし、これが事実です。

今回はそのダイエットについて正しい知識をつけてもらうために、ダイエットについて詳しく紹介していきます。

続けられるおすすめのダイエット法も紹介していますのでぜひチェックしてみてくださいね。

では、早速行きましょう!

 

ダイエットとは

まず、皆さんダイエットは「体重を落とすこと」であると考えていませんか?

それは大きな間違いです。ダイエットとは、「体重を落とす」ことではなく、「余分な脂肪を減らす」ことなのです。

一緒じゃん!と思われた方もいるかと思いますが、体重を落とすのと、余分な脂肪を落とすことは少し違います。

詳しく説明すると、体重を落とすことはいたって簡単で、毎日なにも食べなければいい話です。何日かしたら簡単に何キロかは落ちるでしょう。しかし、それはダイエットとは呼べず、ダイエットに必要な筋肉などが減り、体重が減少しているのです。

そうではなく、ダイエットとは、余分な脂肪を落とし、筋肉量は落とさないことが鉄則です。そのため、体重にこだわるより、体の引き締まり具合や体脂肪に焦点を当てていきます。

そのダイエット、本当に必要ですか?

私はダイエットをするという言葉があまり好きではありません。それは、痩せることが正しいみたいな世の中の風潮が嫌いだからです。過度なダイエットは体に不調をもたらしたり、ストレスが溜まってしまったりすることもあります。

そのため、ダイエットをする!という考え方から健康的な体作りをするという考え方に変えてみませんか?

例えば、インスタントラーメンばかりだった食事を見直し、バランスの良い食事をとることを心掛けたり、健康のために軽いウォーキングをしてみたり、というようなことから始めることをおすすめします。

ダイエットをしよう!と意気込むのも大事なことですが、健康になるために生活習慣を改善しようという考えにすると、心も少し楽になります。

そのうえ、「健康は最大の投資だ」という言葉があるように、健康になることで、将来の病気を予防できたり、怪我しにくい体づくりを行うことができます。

ダイエット=つらいもの と認識している方はまず価値観を改めて、健康的な暮らしにフォーカスしてみることをおすすめします。

そうすると、それが当たり前になり、生活習慣の改善にもつながり、自然と余分な脂肪は落ちてくるものです。

楽して痩せるダイエットは存在しない?

導入部分で楽して痩せるダイエットは存在しない!と断言しましたが、それは事実です。

楽して痩せるダイエットは基本的に運動を行わないものが多いです。しかし、ダイエットをするのに運動をしないダイエットはありえません。

これが一番の理由です。ダイエットを行うにあたって、運動を行わないダイエットはあり得ないということを頭の中に入れておきましょう。

ダイエットに欠かせない筋肉を成長させるためには、運動が不可欠となります。

運動に、正しい食事制限を行うことで、自然と体脂肪は減ってきます。そのことを頭において、ダイエットに取り掛かっていきましょう!

正しいダイエットとは

では、正しいダイエット法とは、ずばり、適度な運動と無理のない食事制限です。

この二つは、ありきたりのことなのですが、案外できてない人が多いのが現実です。二つに分けて詳しく見ていきましょう。

適度な運動について

適度な運動といっても、大きく二つに分けることができます。それは、有酸素運動と無酸素運動です。どちらも重要ですので、詳しく見ていきましょう。

有酸素運動

有酸素運動とは、その名の通り、酸素を必要として脂肪を燃焼させる運動のことです。例としてはウォーキング、ジョギング、水泳やサイクリングなどのことを指します。

有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼以外にも心肺機能の向上や血圧の安定という面で健康にも良い影響が出てきます。

 

無酸素運動

短い時間に大きな力を発揮する強度の高い運動、ずばり「筋トレ」のことです。

無酸素運動は酸素に頼らずグリコーゲンをエネルギーに変えてくれます。しかし、特に脂肪はエネルギーに使われませんので、脂肪燃焼効果があるわけではありません。

 

どちらを行うべきなの?

無酸素運動と有酸素運動について紹介しましたが、それらの運動のどっちを行うべきなの?という疑問にお答えします。

ずばり、両方です!

詳しく説明していきます。まず、有酸素運動だけでは、一時期のダイエット効果はありますが、筋肉がついたり、痩せやすい体づくりができるわけではないため、有酸素運動をやめるとリバウンドしてしまいます。

そこで必要となってくるのが、無酸素運動、ずばり筋トレです。筋トレは脂肪燃焼効果はないため、無駄だと思う方もいるかもしれませんが、それは間違いです。筋トレを行うことで、筋力が付き、代謝がアップします。そうすると、一日の総消費カロリーが上がり、痩せやすい体を作ることができるのです。

これが、有酸素運動と無酸素運動が必要な理由になります。

  • 有酸素運動はウオーキングやジョギングのこと
  • 無酸素運動は筋トレのこと
  • ダイエットのためには有酸素運動と無酸素運動が必要

食事を見直す

運動については先ほど紹介しましたので、お次は食事について解説していきます。

まず、基本的に食事で重要となってくることは、「糖質の摂取を減らし、タンパク質をできるだけ取る」ことを心掛けてください。これが基本になります。

その理由は、痩せやすい体づくりをするためには、筋肉量を増やし、脂肪量を減らさなければなりません。そこで、重要となってくるのはタンパク質の量です。

タンパク質をできるだけ取る

人の一日のタンパク質の推奨摂取量は、男性で60g、女性で50gとされています。また、運動を行う方はこの1.5~2倍のタンパク質の摂取が好ましいとされているため、タンパク質は毎日結構な量が必要になってきます。

毎日の自分が摂取しているタンパク質の量を計算し、不足しているな、と感じたらプロテインなどで補うのをおすすめします。特に、筋トレを重点的に行おうとしている方には、タンパク質を気軽に補える、プロテインがおすすめです。

 

糖質制限はロカボがおすすめ

まず、糖質とは炭水化物から食物繊維を除いたもので、血糖値を上げる要因の一つです。

この、糖質量を見直し、減らしていこう!というものがロカボダイエットといって、今注目を浴びています。

このロカボの概要は、一食の糖質量を20~40g、デザートは10g以下に抑えるだけでよくて、脂質やタンパク質の制限はなしというのがうれしいところです。

炭水化物は一切禁止!というわけではなく、少し減らしていこうねという緩さも続けやすいポイントです。

また、糖質を抑えることで血糖値や血圧の改善にもながり、健康にもよいのです。

おすすめのダイエット法

おすすめのダイエット法は、先ほど紹介したことをまとめた方法になります。

まず、有酸素運動と無酸素運動を行い、ロカボで緩やかな食事制限を行うことです。

これで、劇的な変化がすぐに表れるわけではないですが、着実に、そして健康的にダイエットを行うことができると断言します。

この方法は緩く食事制限や運動を行うため、続けられることが最大のメリットです。一時の過度なダイエット方法で痩せても、リバウンドしてしまうと元も子もありません。

そのため、無理のない範囲で運動と食事制限をぜひ続けていきましょう。

  • 有酸素運動と無酸素運動を取り入れた運動を継続する
  • 糖質を緩く抑えたロカボダイエットを行う

まとめ

いかがでしたか?

今回は、正しいダイエット法について紹介しました。皆さんも、正しいダイエット法で健康的に余計な脂肪を落としていきましょう!

こちらの記事もおすすめです。

では、またお会いしましょう!