ちゃんゆめログ
筋トレ、ダイエット

ダイエットに適さないNG食品とOK食品を紹介!食事を見直し健康に

こんにちは!ちゃんゆめです。

今回は、このようなお悩みを解決します。

  • ダイエットをするときに避けたほうがいい食品って何?
  • 健康のためにあまり摂取しないほうが良い食品は?
  • 逆に健康に良い食品は何?

ダイエットや健康のためにあまり食べないほうが良い食品ってありますよね。今回は、そのような食品を紹介していきます。これらを食べる習慣がある人はぜひ少し気を付けてあまり摂取しないように心がけてみてくださいね!

また、健康に良いOK食品も紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね!

では、早速行きましょう!

避けたほうがいいNG食品

まず、避けたほうが良い食品を紹介します。これらを食べる習慣がある人はぜひ気を付けたいものです。

菓子パン

菓子パンはまずカロリーがとても高い食品です。種類にもよりますが、300~600カロリーあるものが基本です。しかし、あまりお腹いっぱいにならないために菓子パンと何か食べてしまいますよね。そのうえ、腹持ちもよくないのですぐお腹がすいてしまいます。

これほどダイエットに不向きな食品があるのか!というレベルの食品になります。

また、人口甘味料やトランス脂肪酸と呼ばれる、からだから排出しにくい油が使われている、という面で健康に良い食品とは言えません。

朝ごはんは菓子パン一個で済ませる方や、間食に菓子パンを食べる習慣がある人はぜひ気を付けてみてくださいね。

グラノーラ

グラノーラは一見、健康に良い食品というイメージを持つ方は多いのではないでしょうか。しかし、市販のグラノーラは案外糖質や脂質が多く、カロリーも高めです。一日の目安摂取量が約50gとあるのですが、結構少なめで、お腹いっぱいにはなりません。また、砂糖や小麦粉などで甘くおいしく味付けがされているのでそちらも気になります。

そこでおすすめなのが、自分でグラノーラを作ることです。自家製グラノーラであれば、砂糖を使わずにハチミツや糖質オフ甘味料を使ってヘルシーにすることができますし、グラノーラの原料であるオーツ麦は栄養たっぷりなので健康にも良いです。

 

ファーストフード

たまに無性に食べたくなるファーストフードですが、健康やダイエットにどう見てもよくないですよね。ファーストフードは糖質や脂質が多いだけでなく、塩分も多めであるため、定期的に摂取することによって、高血圧などを引き起こす恐れがあります。

また、ファーストフードは比較的野菜などが少なく、栄養が偏りやすいため、健康には良いとは言えません。

どうしてもファーストフードが食べたくなった際は、ファーストフードと野菜を一緒に食べたり、食べすぎないように気を付けたりするように心がけることが大切です。

市販のジュース

市販のジュースを毎日飲むという方は要注意です。ジュースには、大量の糖質が含まれているため、血糖値が急激に上昇してしまい、病気のリスクが高まってしまう恐れがあります。

水分なので気軽に摂取しやすいぶん、注意が必要です。

 

どんどん摂取したい!健康に良いOK食品

逆に、健康に良いといわれている食品を紹介していきます。こちらの食品はダイエットにかかわらず日ごろから食べておきたいものですね。

今回参考にさせていただいた本はこちらです。もっと詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてくださいね!


納豆

納豆はぜひ毎日取り入れたいたんぱく源です。ヘルシーかつ高タンパクなので、ダイエットにも適しています。また、疲労回復やアンチエイジング効果も認められているので毎日摂取したいところです。

魚もタンパク質が豊富なヘルシー食材です。ダイエットだけでなく、健康にも良いと言われています。その理由はDHAやEPAという成分が魚に含まれているためです。DHAは血中の中性脂肪を下げる効果の他、脳のシナプス部位の膜流動性を高め、神経伝達物質の受容体を活性化することで、記憶をサポートすると考えられています。魚を食べると頭がよくなるといわれているのはそのためです。

一方のEPAはエイコサノイドという少量で免疫や炎症反応に関係する体の働きを調節する物質を合成するために役立つのです。

 

たまご

卵は「完全栄養食品」といわれるほど栄養価が高い食品になります。その理由は、タンパク質や良質な脂質が含まれており、ダイエットに適している低GI食品だからです。

Mサイズの卵1個でエネルギーが約70kcal、たんぱく質は約6g摂取することができます。また、糖質は少なめで、筋肉を付けたい方にも人気の食品です。ビタミンAやD、ビタミンB12などのビタミン類から、鉄や亜鉛、カルシウムなどのミネラル類も多く含んでいます。

ナッツ類

ナッツ類はとても栄養価が高いため、健康に良いと言われています。まず、食物繊維がたっぷりなのと、ビタミンEなども豊富に含まれています。

噛み応えもあるので、小腹がすいたときの間食にもおすすめです。しかし、脂質やカロリーも高めですので、食べすぎには注意をしましょう。小分け袋で販売されているものが食べすぎを防げるので特におすすめです。


まとめ

いかがでしたか?今回は、ダイエットや健康のために避けていただきたい食品を紹介しました。日ごろからこれらを食べる習慣のある人はぜひ気を付けてみてくださいね。

こちらの記事もおすすめです。

 

では、またお会いしましょう!