ちゃんゆめログ
動物

知らないと危険!犬に与えてはいけない食品を獣医学生が解説!

こんにちは!ちゃんゆめです。

今回は、このようなお悩みを解決します。

  • 犬に与えてはいけない食品は何?
  • 人間と同じものを与えてはいけないの?
  • 逆に、与えてよい食品は何?

犬や猫に人間の食事を与えていませんか?人間が問題なく食べられているものでも、犬や猫にとっては毒である場合があります。そのうえ、与えすぎると最悪の場合動物が死に至るケースもあります。

そこで、今回は、そのような危険を防ぐために犬に与えてはいけない食べものを、理由とともに紹介していきます。

犬を飼っている方はぜひチェックしてみてくださいね!

では、早速行きましょう!

玉ねぎ・ネギ

玉ねぎは、犬に与えてはいけない食品の中でも有名なので、ご存じの飼い主さんも多いと思います。実際、玉ねぎは犬に与えてはいけない食品の一つで、その理由はアリルプロピルジスルファイドという中毒の原因となる成分が含まれているためです。

この成分は、犬に溶血性貧血を引き起こし、それによって食欲不振や下痢、嘔吐などの症状が見られるようになります。

また、注意したいのは、玉ねぎを使用したハンバーグやみそ汁などにもアリルプロピルジスルファイドは含まれることです。そのため、そのような食品も犬に与えないように気を付けてくださいね。

玉ねぎ以外にもニンニクやニラなどのネギ科植物にもこの成分が含まれているので、絶対に与えないようにしましょう。

チョコレート

チョコレートは人間にとってはおいしい食べ物ですが、犬にとっては猛毒です。「チョコレート中毒」という言葉もあり、チョコレートの過剰摂取により死に至るケースもあります。

その理由は、チョコレートに含まれる「テオブロミン」という成分です。この成分を犬はうまく代謝することができないため、中毒を引き起こしてしまいます。特に、テオブロミンが多く含まれているため、カカオ成分が強いダークチョコレートなどのほうがより危険です。

また、ココアも同様の理由で与えてはいけません。

チョコレートは、においが強く犬の食欲を引きやすい食品でもありますので、犬が誤って食べてしまわないように注意が必要です。

ブドウ・レーズン

ブドウやレーズンを犬に与えてはいけないことを知らない飼い主さんは、結構いらっしゃいます。しかし、ブドウやレーズンは犬にとって、とても危険な食品なので注意が必要です。

その理由は、ブドウやレーズンを摂取することによって急性腎不全が起き、最悪の場合死に至るケースもあるためです。

ブドウやレーズンと犬に関連することは解明されていないことが多く、急性腎不全を引き起こす原因物質もいまだにわかっていません。また、一粒食べたときでも中毒症状を起こす場合や、それ以上食べても中毒症状を起こさない場合などがあります。

しかし、犬にとっては危険な食品であることに変わりはないので、絶対に与えないようにしましょう。

アルコール

アルコールも犬に与えてはいけないものになります。人間の体にも良くないものが、犬の体に良いなんてことはあり得ませんよね。

犬はそもそも、アルコールを分解するための酵素を持っていません。そのため、アルコールを摂取しても分解することができずその結果、呼吸困難や昏睡状態を引き起こします。

アルコールが犬にとって特に怖い理由は、少量の摂取でも中毒症状を引き起こすケースがあるためです。小型犬などは一口舐めただけでも中毒症状を引き起こしてしまう場合があります。

犬のそばでアルコールを摂取する際などは、犬の誤飲に細心の注意を払いましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、犬に与えてはいけない食品を紹介しました。

飼い主さんは、このような食品を与えないように気を付けるだけでなく、犬の届かないようなところに保存しておきましょう。

では、またお会いしましょう!