ちゃんゆめログ
株、投資

最近耳にする、株主優待って何?(初心者向けオススメ優待銘柄3選)

こんにちは!ちゃんゆめです。

皆さん、株主優待株を持っていますか?最近は桐谷さんなどの影響もあり昔に比べ株主優待投資がメジャーになってきているな、とひしひしと感じています。

そこで皆さんにもぜひ株主優待の魅力を知っていただきたいと思い、この記事を書いています。

オススメ株も紹介していますので興味を持っていただけると幸いです。

早速行きましょう!

株主優待制度って?

株主優待制度とは、株式を購入した株主に対して、そのお礼として金券や自社製品を還元する、という制度のことです。

例えば、外食チェーン店の株の購入すると、それのお礼にそのお店での食事券がもらえたりするのです。

配当金が金券や自社製品に置き換わったと考えていただいて大丈夫です。

しかし、配当金制度と違う点もいくつかあります。

まず、株主優待に対しては税金がかからないという点です。

配当金には約2割の税金がかかってきますが株主優待にはそれが発生しないのです。

それもまた、株主優待の魅力的な点でもあります。

株主優待は本当に人生を豊かにしてくれるものであると私は思っています。

例えば、金券などを使うことで現金を使わなくなり、生活費を削減することができます。

そして、外食するときに無料で好きなメニューを食べることができたり、いつも使わないような値段の高い化粧品が優待品として送られてきたりするのです。

株主優待は本当に種類が豊富で、ファミリーにオススメな優待品もあれば、女性にオススメな優待品も多いです。

株主優待は本当にたくさんあり、また、少額から投資を始めることのできる銘柄も多いです。そのため、あまり最初でどんな株を買えばいいのか分からない初心者さんにもオススメです。

株主優待を機に投資にもっと興味をもつ方が増えればいいなと思っています。

そして、株主優待のもう一つの特徴は長期保有を優遇している企業があるということです。

これも、配当金と違う点です。配当金は、年間で増配や減配がない限り、株数に応じて毎年配当金が分配されます。

一方で、株主優待で1年以上保有してくれた株主にクオカード1000円分をプラスして優待として出している銘柄などもあります。

長期保有で考えている株主にとっては嬉しいことですよね!

長くなりましたので、ここでまとめさせていただきました。

株主優待の特徴まとめ

  • 税金がかからない
  • 少額から投資できる銘柄が多い
  • ファミリー向け、女性向け銘柄が多い
  • 長期保有で優待を増やす企業がある

前置きが長くなってしまいましたが、株主優待の魅力は伝わったでしょうか?

次からは早速株主優待の種類と具体的な銘柄についてみていきましょう!

株主優待は本当に様々な種類があるのですが今回はおおざっぱに3つに分けさせていただきました。

皆さんが少しでも株主優待に興味を持ってくださると幸いです!

1:クオカード優待

クオカード優待とはその名の通り、配当金とは別に、株主に企業側がクオカードを提供する優待のことです。株主優待人気の風潮もあり、クオカード優待を導入する企業は増えてきています。

クオカードは期限もなく、使えるお店も多いので、もらえると嬉しいですよね!

私自身、コンビニによく行くのでだいたいそのお金はクオカードで支払っています。また、勉強のための本もクオカードで買うことが多いのでとても助かっています。

しかし、一番気を付けなければいけないのがこの優待なのです。クオカードは気軽に導入できるため、株主を獲得したいがために導入し、すぐに廃止してしまう企業がたまにあります…

これは配当金をきちんと出している会社であるかや最近クオカード優待が新設された企業でないかなど程度でしか判断することができません。

そういう銘柄は優待廃止を発表して株価が急落することも十分あり得ます。それを我々個人投資家は気を付けていかなければならないのです…

そういう面にも気を付けて優待ライフを楽しんでください!

そこで、私が実際保有しているオススメ優待株は日本取引所グループ(JPX)(8697)です。

この銘柄はあの桐谷さんもオススメしている銘柄です!

100株を保有していれば1000円分のクオカードがもらえるのですが1年以上保有で2000円分、2年以上保有で3000円分、3年以上保有で4000円分というように長期保有で最高4000円分のクオカードがもらえる素敵な優待です。

それに加え、配当利回りも2.5%あり、決して低い水準ではないと思います。

3月権利確定で、20万円弱で投資できます。

クオカード銘柄を探している人には本当にオススメの銘柄です!

2:金券優待

金券優待とは自社で使えるサービス割引券だったり、食事の無料券を株主優待として出しているものです。

これは、企業側はそのお店を優待券を使って利用してもらい、かつ、顧客をゲットできるというメリットがあります。

株主側は無料で食事をできたり、割引を使ってサービスを受けることができたりするという恩恵を受けることができます。

まさにWINーWINとはこのことですね!

実際このような外食株は使い勝手がとても良いです。一枚の食事券で複数のお店で使える店が多く、家族連れなどにはとても助かる銘柄ですね!

ここで、私のオススメ優待株を紹介します。それは、すかいらーく(3197)です。

すかいらーくの優待券はガスト、バーミヤン、などをはじめとしたさまざまなお店で優待券を利用することができます。

すかいらーくの最大のメリットは優待利回りが他の外食銘柄に対し高めであることです。優待利回りだけで2.8%を超え、配当利回りも1.7%なので、合わせると4.5%になり、とても高い水準であることが分かります。

ファミリーレストランに行く家族向けの銘柄を紹介しました。

3:自社製品

自社製品優待とはその名の通り、株主優待としてその企業の製品を提供しているものになります。

企業は株主に対し、自社製品を送り、株主はその商品を使用するという感じですね。これもとてもいいことだと思います。

株主はその商品を株主優待として使用した後、良いと思ったら再び買ったり口コミで宣伝してくれたりしますよね。

自社製品を株主優待として提供している企業は意外と多く、それもバリエーションが豊かなので自分の気に入る株主優待を探してみてもいいかもしれません。

ここで、私のオススメ銘柄はイデアインターナショナル(3140)です。

イデアインターナショナルという会社は、あのBRUNOのホットプレートなどを販売している会社です。この銘柄は、カタログギフトが届き、その中から自分で好きなものを選べるという優待内容となっています。

そのため、この優待カタログではそのホットプレートさえももらえるのです!

それ以外にも、かわいい日用品や雑貨などが自分で選べるので、女性にぜひおすすめしたい銘柄です。

自分で買うまではなかったけど、タダでもらえるとなるとプレゼントをもらえたような得した気分になれますよね!

本当にこの銘柄は楽しみがいっぱいで心を豊かにしてくれる銘柄だと思っています。

さらに驚きなのが優待利回りが9.6%と驚異の数字となっています。これはおそらく自社製品を提供している企業だからこそなせる業ですね!

ぜひ自分へのご褒美として保有することをお勧めします!

まとめ

いかがでしたか?株主優待について説明し、私のオススメ銘柄も紹介させていただきました。 

これを機に株主優待や投資に興味を持ってくださる方が増えていくととてもうれしいです!