ちゃんゆめログ
株、投資

実際に株を始めてみよう!初心者でも簡単に株を買える方法を解説

こんにちは!ちゃんゆめです!

今回は、「株はやってみたいけど全くどうしたらいいか分からない…」という方に向けて株の始め方を詳しく説明していきたいと思います。

株式投資は奥が深く、複雑なこともたまにはありますが、一つずつきちんと理解していけばそんなに難しいことはないので一緒に頑張っていきましょう!

ステップ1:証券会社に口座を開く

まず、これをやらないと何も始まりません。「証券会社…いっぱいありすぎてわからない…」という方には、私も使っていて主力大手であるSBI証券をオススメしています。

ちなみに、証券口座を開くのは無料でできます。

ここでは、SBI証券を例にとって詳しく説明していきたいと思います。

まず、WebでSBI証券と検索し、公式サイトから証券口座開設を申し込みます。ちなみにSBI証券のWebアップロードという方法で申し込めば、最短翌営業日から取引可能であるそうです。

この申し込み手続きで必要となってくるのが、マイナンバー(個人番号)もしくは顔写真付き確認書類(免許証、日本国パスポート、在留カード、特別永住者証明書の中から1点)です。

それを用意したうえで、必要事項を登録し口座登録を完了させます。その約1週間後ほどに口座開設手続き完了のご案内という簡易書留が送られてきます。

それを受け取り、株の売買ができるようになります。

証券会社を開くともう怖いものはありません!次のステップにいきましょう!

ステップ2:証券口座に入金する

証券口座を無事に開設した後は、証券会社にお金を入金します。株式投資は何千万もの資金が必要だなどと思われがちではありますが、今は本当に少額から始められるt投資銘柄も多くあります。

とりあえず、5万円や10万円でもいいので、自分の余剰資金を証券口座に入金してみましょう。

ここで注意しなければいけないのが、投資に回すお金はあくまでも余剰資金を使う、という点です。

人それぞれ考え方はありますが、私は投資に回すお金は、あくまでも余剰資金であるべきだと考えています。

投資のリスクは減らすことはできますが、なくすことはできないのが現実です。そのため、余剰資金を株に回して運用するというスタンスであればストレスもたまらず、いい投資スタイルを取れるのではないか、と私は考えています。

一番のオススメは倹約し、余ったお金を株式投資に回すことです。そうすると、そのお金が増え、また、投資に回すお金を作ることができます。

私は、株式投資を少額で始めましたが、毎月の生活費を少しずつ削って投資に回し、資産運用を続けています。

そういうような自分なりの株式投資サイクルを作るのは本当にオススメです。

ステップ3:早速、株を買おう!

株式は信用取引を用いて売りから入るという方法は置いといて、基本買いから始まります。早速、銘柄を検索し、株を買ってみましょう。

銘柄は正直最初なのでなんでもいいです。証券会社がピックアップしている株を買うもよし、本に載っていた株を買うもよしです。

気を付けていただきたいのが、悩みすぎないことです。最初なので、勝ちに行く株を狙うことは考えずに株の売買を経験するというぐらいの意気込みで買ってみてください。

四季報を読んだり、PERやPBRを気にしたりすることはとてもいいことですが、まずは株を買ってみないことには始まりません。

ちなみに、生まれて初めて私が最初に買った株は日本取引所グループ(JPX)[8697]でした。その理由はかの有名な桐谷さんのセミナーに行った際に桐谷さんがオススメだとおっしゃっていたからです。

最初はどんな銘柄でも本当にいいと思います。これから売買を重ねて株に詳しくなっていきましょう!

そして、詳しい買い方を説明していきます。(SBI証券を例にとらせてもらいます)

まず、スマホでもパソコンでもいいので証券会社にログインします。

次に「取引」というところをクリックするとしたの画像のようなページになると思います。

ここからが重要です!間違えないように気を付けて一つ一つ確認していきましょう。

まず、今回は現物株を買うので、現物買にチェック✓

次に、株数を選択します(基本100株単位なので、最初は100株がおすすめです)

買いたい銘柄を検索し、現在値を確認します。

そして少しここからは難しいです。まず、株式を買う場合、指値注文成行注文という2パターンがあります。

指値注文とは、できるだけ株価を安く買いたいときに使用します。例えば、現在の株価が1000円ではあるが、990円で買いたいなと思ったときに990円で指値注文を出しておきます。そして、その株価にまで今後下がれば990円で買うことができるという仕組みです。

「安く買えるのだったら毎回指値注文でいいんじゃないの?」と思われる方もいるかと思いますが指値注文にもデメリットはあります。

それは、株価が上昇してしまった際に買い時を逃してしまうということです。なかなか自分の指値まで株価が下がらず、「あの時買っていれば今は儲けていた…」という経験を私自身何回もやってしまったことがあります。(笑)

それを防ぐのが成行注文です。成行注文は株価に関係なく「とりあえずその銘柄の株が欲しい!」というときにオススメの注文方法です。

次に、一般預かり特定預かりかの欄があります。一般預かりというものは利益を確定させたときに自分で確定申告を行うというものです。一方で、特定預かりというものは税金をあらかじめ差し引いて利益を還元してくれるものになります。

昔は一般預かりのほうが主流でしたが最近は特定預かりを選ぶ人が増えています。

初心者の方はとりあえず特定口座にチェックをいれておいて問題はありません。

そのあと、取引パスワードを入力、注文内容を確認し、株を買えることとなります!

まとめ

いかがでしたか?株式投資は思ったより簡単であることをわかっていただけたら幸いです。

しかし、今回書いた記事は株式投資のほんの一部にすぎません。株式投資を実際やってみると、最初はうまくいかないことも多々あります。(私もそうでした…)

しかし、そのあとに自分自身がどう行動するかが肝心となってきます。めげずに継続することで必ず結果は出てきます。そこまでは辛いこともあるかもしれませんが一緒に頑張って知識をどんどん増やしていきましょう!

今後、投資家の一員としてあなたが成功することを心より願っています。