株、投資

株主優待生活、始めるならクオカード銘柄がおすすめ。3銘柄を紹介

こんにちは、ちゃんゆめ(@chan__yume__)です。

今回は、このような方々に向けて記事を書きました♪

  • 最近巷で耳にする株主優待を始めたいけどよくわからない
  • 少額から投資を始めたい
  • 投資を始めたのはいいが、どの銘柄を選べばいいかわからない
結論から言いますと、初心者の方にオススメなのが、クオカード優待株なわけです。
クオカード優待株とはその名の通り、株主優待としてクオカードを提供している銘柄になります。
クオカード優待株はプロアマ関係なく愛されている株主優待です。

もちろん、私も大好きな神優待です!

 

今回は、クオカード優待株を約20銘柄保有する私が、クオカード優待株について説明していきたいと思います♪

 

皆さんもぜひ、クオカード銘柄を取得して楽しい優待生活を送ってくださいね!

 

では、早速行きましょう!

クオカード株のメリットとデメリット

まず、クオカード株を保有する際のメリットデメリットを紹介します。

 

メリット1:クオカードは期限がない

まずこれは本当にうれしいことだと思います。

企業が発行する株主優待券(サービス券や食事券)は期限が限られていることがほとんどです。

桐谷さんが自転車で日々爆走しているのも、その期限が近い優待券をすべて使い切るためだそうです(笑)

そのほかの株主優待券のように期限が限られていないため、貰った後にすぐ使うこともできるし、ためておくこともできるんですね♪

メリット2:使えるお店が多い

クオカードは本当に使えるお店が多いなあという印象です。

クオカード公式サイトによるクオカードを使えるお店一覧はこちら。

クオカード公式サイト

 

クオカードはコンビニやドラッグストア、本屋さんで使えるのがとても助かります。

なんとガソリンスタンドでも使えるんですね、その用途は本当に多様です。

正直、クオカードがあれば必要最低限のものは揃えられそうなレベルですね。

 

メリット3:長期保有で利回りアップする銘柄がある

個人投資家の強み…それは、長期保有できることですよね!

もちろんクオカード優待には、後ほど紹介する、一年保有で1000円分、2年保有で2000円分、といったような長期保有により優待内容が拡充する優待もあります♪

  • クオカードは期限もなく、使えるお店が多い。
  • 長期保有で利回りアップする銘柄もある。

メリット4:少額から投資できる銘柄が多い

これは初心者投資家さんに嬉しいことですね。

クオカード銘柄は10万円以下で買えるものや、5万円以下の銘柄も存在します。

若い方やまだ投資を始めて間もなくて大金をつぎ込むのは怖い!という方には

私はぜひクオカード株をおススメします。

  • クオカードは期限もなく、使えるお店が多い。
  • 長期保有で優待が拡充する銘柄もある。
  • 少額から投資できる

お次はデメリットに参りましょう。

 

デメリット:企業側が優待を廃止しやすい

これはクオカード銘柄の最大のデメリットであり、恐ろしいところでもあります。

自社製品を株主優待として提供している会社とは違い、クオカードというほぼ現金と同じ扱いをされているものを提供するため、企業側のクオカード優待に対する支出は多くなります。

そのため、経営が傾いた際に、削られるのはクオカード優待費用、となってくるわけです。

クオカード優待を新設した企業などで、その分の費用が企業を予想以上に圧迫したことにより、1、2年で優待廃止、などという場合もあります。

私たち投資家はそのような企業を見極めていかなければいけません。

  • クオカード優待は企業にとって導入しやすく、廃止もしやすい。
  • そのため、短期間で優待を廃止する企業もある。
  • 優待廃止により株価が急落することも。

 

優良クオカード株の選び方

クオカード優待銘柄の最大のデメリットは先ほどお伝えしたように、優待廃止からの株価下落です。

私たち投資家はそれを見極めていかなければなりません。

そこで、優待廃止を早々に行いそうにない優良企業には、いくつかの共通点があります。

その共通点をチェックすることで、優待廃止を見抜いていきましょう。

その主なポイント3つがこちらになります。

  1. 配当金を十分出せている
  2. 配当+優待利回りが4%を超えている
  3. 長期保有による優待拡充を行っている

では、詳しく見ていきましょう。

 

ポイント1:配当金をきちんと出せている銘柄であるか

これは確実に大きなポイントとなってきます。

当たり前かもしれませんが、優良株は利益もきちんとあり。配当金も出せています。

利回りでいえば、2後半~4%の配当金を出している企業は優良企業といえるでしょう。

 

ポイント2:配当金+優待利回りが4%を超えているか

これはあの桐谷さんも豪語しており、また、投資家の中でもルールとしている人が多いポイントです。

配当金と優待利回りが合わせて4%を超えている銘柄は、企業としての力が大いにあり、株主への還元率も高いということで、投資に適した銘柄であるという判断ができます。

 

ポイント3:長期保有を優遇しているか

これも重要なポイントとなってきます。長期保有で優待を拡充させている企業は個人投資家をターゲットにしています。

そのため、個人投資家は株主優待を廃止するとすぐに去っていくことが多いため、企業側はなるべく優待廃止をしないようになります。

そのため、投資家側も優待を出し続ける企業は信頼できるわけですね!

 

厳選!オススメクオカード株3選

では早速オススメ銘柄を選定していきたいと思います!

私が今回重視したポイントはこちら。

  1. 個人投資家に優しい、20万円以下で保有できる銘柄
  2. 配当、優待利回りが良い銘柄

初心者の方にも優しい比較的少額から投資できる銘柄を厳選しました。

また、配当金をきちんと出せていることにより、企業の今後の力に安心できる銘柄を選びました。

早速紹介します。

サンヨーホームズ【1420】

現在株価(2020.3) 660
URL http://www.sanyohomes.co.jp/
権利確定月 3月
配当・利回り 25円(3.7%)
株主優待
1. クオカード
1,000円相当 :100株以上
3,000円相当 :500株以上

 

サンヨーホームズの魅力は株価の安さ、配当&優待利回りの高さにあります。

株価はコロナショックの影響もあり、権利確定月の3月でありますが、割安です。

また、配当利回りだけで3.7%、優待利回りだけでも1.5%、合わせて5.2%高水準銘柄なのです。

ぜひ気になった方はチェックしてみてください♪

  • 配当、優待利回りが高水準
  • 株価が割安で投資しやすい

 

セントケアホールディングス【2374】

現在株価(2020.3) 415
URL http://www.saint-care.com/
権利確定月 3月
配当・利回り 15~16円(2.92%)
株主優待 100株以上:500円相当のクオカード

※3年以上継続保有の場合1500円相当

 

この銘柄も、配当利回りだけでも2.92%と高水準です。

また、優待利回りも1.2%あるため、配当+優待利回りが4%を超えています。

また、この銘柄のポイントは個人投資家に嬉しい、長期保有で優待利回りがアップします。

なんと、優待利回りが1.2%→3.6%になります。

ぜひ長期保有していただきたい銘柄となっていますので、気になった方はチェックしてみてくださいね♪

  • 配当、優待利回りが高水準
  • 長期継続保有で優待内容が拡充

 

日本取引所グループ(JPX)【8697】

現在株価(2020.3) 1782
URL https://www.jpx.co.jp/
権利確定月 3月
配当金・利回り 24円(2.51%)
株主優待
1. 1,000円相当のクオカード
100株以上
※1年以上2年未満継続保有の場合2,000円相当、2年以上3年未満継続保有の場合3,000円相当、3年以上継続保有の場合4,000円相当

この銘柄の特徴は何と言っても長期保有による優待拡充内容がすごいことです。

最初は1000円だったクオカード優待が最終的に4000円になります。

利回りで計算すると、0.56%と低水準からの2.24%の高水準まで上昇します。

配当利回りを合わせても4.7%と高水準ですね。

あるセミナーで桐谷さんが紹介されていた銘柄でもあります

毎年1000円が増えていくのでそれが楽しみになりそうですね♪

  • 長期保有で優待利回りが最大4倍に
  • 桐谷さんオススメ銘柄

まとめ

いかがでしたか?

クオカード優待は、初心者投資家さんにも、長年投資をされている方にも愛されている株主優待です。

皆さんも投資の注意点を踏まえ、豊かな株主優待ライフを送ってくださいね!