ちゃんゆめログ
筋トレ、ダイエット

今流行りのロカボとは?やり方や効果も検証!おすすめダイエット法

こんにちは!ちゃんゆめです!

今回は、このようなお悩みを解決します。

  • ロカボとは何?やり方や効果を知りたい
  • おすすめのダイエット法が知りたい
  • 健康的にダイエットしたい

今回は、今よく聞く、ロカボダイエットについて詳しく解説していきます。

ずばり、ロカボダイエットとは、ゆるい糖質制限のことなのです。

そのゆるい糖質制限法や、おすすめの食事、などについて詳しく説明していきますのでぜひチェックしてみてくださいね。

では、早速行きましょう!

ロカボとは?

ロカボとは、そもそもななんなのでしょう?

先ほど、ゆるい糖質制限のことであるといいましたが、詳しく説明していきます。

ロカボダイエットで推奨されているのは、一食の糖質を20g~40g、デザートで摂取する糖質を10g以内に抑えようというものです。

そもそも、糖質とは、炭水化物から食物繊維を引いたものなので、結果的に炭水化物制限ともいえます。

ちなみに、人の食生活では一日に300gぐらいの糖質を摂取しているともいわれているので、日々の私たちは糖質を取りすぎているんですね…

 

ロカボの効果、メリット

ロカボダイエットをやる効果、やる目的はそもそもなんなのでしょう!

そもそも、炭水化物を制限しますので、単純にダイエット効果が期待できます。しかし、それだけではなく、ロカボダイエットを行うことで、「心臓病」や「脳卒中」を引き起こすリスクがあるといわれている、「食後血糖値」を減らすことができます。

つまり、ロカボダイエットは長い目で見ても健康に良いとされているダイエットなので、皆さんは早めに導入するべきダイエットなのです。

 

ロカボのやり方

では、実際に糖質を減らす方法を見ていきましょう!

最近では、糖質オフ商品が多く発売されているので、そういう商品をできれば選ぶようにしましょう。

公式サイトに載っているポイントは3つ。

ご飯は半膳

いつも食べているお米には糖質が多く含まれています。そのため、やはりお米は少し減らしたいところです。また、白米ではなく、玄米やオートミールにするとより良いです。

おかずはたっぷり!肉や魚はたくさん食べるべし!

ロカボダイエットのうれしいところは、糖質に気を使うだけで、摂取カロリーや脂質に気を使わなくていいところです。

そのため、お肉や魚は思い切り食べちゃいましょう!

甘みは、低糖質甘味料を活用!

料理で砂糖を使う際には、低糖質甘味料を使うことが推奨されています。

少し値段は張りますが、ぜひチェックしてみてくださいね。

糖質オフ、カロリーオフの砂糖である、ラカントSがおすすめです。


 

ロカボダイエットにおすすめの食材

ロカボダイエットにおすすめの糖質があまり含まれていない食品を紹介していきます。

最近では、糖質制限商品が多く出てきたので、糖質制限もやりやすくなってきています。

オートミール

オートミールは、まだ日本ではあまりメジャーじゃないのですが、最近ダイエットにとても人気のある食品です。

オートミールとは、オーツ麦を脱殻した後、調理しやすく加工したもので、炭水化物となります。

オートミールがダイエッターに好まれる理由として、食物繊維が多い、低GI値のため脂肪になりにくいなどのメリットがあります。

少し癖があるため、苦手な方もいるかもしれませんが、おいしいレシピなども様々な場所で紹介されていますのでぜひチェックしてみてくださいね。

オートミールはクエーカーのオートミールがおすすめです。アマゾンやコストコで買えます。


 

 

糖質ゼロ麺

たまにはラーメンやパスタが食べたい!と思うこと、絶対ありますよね…

そこで優秀なのが、糖質ゼロ麺なのです。

糖質ゼロ麺はなんと糖質がゼロで、なんと100g当たりのカロリーは15カロリーとういのもうれしいところです。

糖質ゼロ麺といっても、ほぼ普通の麺との変わりはありません。ラーメンやパスタを罪悪感なしで食べれるのはとても良いですよね!


 

ロカボとあわせて取り組みたいダイエット法

ロカボダイエットに合わせて取り組みたいのが、筋トレです。

筋トレを行うことで、基礎代謝量が上がり、痩せやすい体づくりを行うことができます。

自分に合った筋トレメニューを組んで、筋トレを頑張っていきましょう!

まとめ:ロカボダイエットをうまく取り入れて健康になろう!

いかがでしたか?

今回は、ロカボダイエットについて紹介しました。

ロカボダイエットはダイエットだけでなく、健康にも効き目のあるダイエット方法です。

自分のペースで取り入れて、適正体重を目指していきましょう!

こちらの記事もおすすめです。

では、またお会いしましょう!