ちゃんゆめログ
筋トレ、ダイエット

すぐに始めたい!健康にも良い痩せ体質を作るダイエット習慣10選!

こんにちは!ちゃんゆめです。

今回は、このようなお悩みを解決します。

  • 健康に良い日ごろの習慣とは?
  • 痩せ体質になるには?

今回は、健康に痩せるためのおすすめしたい習慣を10個紹介していきます。

ダイエット習慣といっても、そんなに難しいものではなく、少し意識を変えるだけで取り組んでいけるものばかりです。

しかし、そのような当たり前のことが案外皆さんできてなかったりするわけですね。

そこで今回は、ぜひこれだけはやってほしい、ダイエット習慣を10個紹介していきます。ぜひ参考にして、今日から取り組んでみてくださいね!

では、早速行きましょう!

1.睡眠を十分とる

睡眠と食欲には密接な関係があり、深夜まで起きていたり、睡眠が十分とれていないと、ドカ食いや肥満につながってしまいます。

深夜に起きていると、無駄な食欲もわいてきますし、できるだけ睡眠時間は確保したいところですね。

人の適した睡眠時間は7~8時間といわれていますので、そのぐらいの睡眠時間はできるだけ確保するようにこころがけましょう。

2.タンパク質を意識して摂取する

タンパク質は人の体を作るのに欠かせない栄養素の一つで、これが枯渇すると、筋肉が衰えて、ダイエットの要である、代謝が悪くなってしまいます。

また、タンパク質は、一日あたり女性は50g、男性は60g摂取することが良いと言われていますが、この目標を案外達成できていない人が多いです。

そこで、この目標を達成することを心掛けるとともに、毎食(朝、昼、晩)タンパク質をとることを気を付けましょう。

例えば、いつもの食事に納豆や豆腐入りの味噌汁を加えるなど、自分なりにタンパク質を摂取することを心がけることをおすすめします。

タンパク質については、この記事で詳しく説明していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

3.エレベーターやエスカレーターではなく階段を利用する

いうまでもなく、健康とダイエットに良い方法ですね。しかし、案外できている人が少ないのも事実です。

さすがに、高層ビルへの移動でも階段を利用しろとは言いませんが、駅のホームでの昇り降りや、ちょっとした階へ移動では階段を利用することを心掛けましょう。

たった一分の階段の上り下りで約5~10カロリーも消費することができます。これを多いと思うか少ないと思うかはそれぞれですが、塵も積もれば山となる戦法で、コツコツ積み上げていきましょう!

4.ジュースや甘い飲み物は控える

案外、間食を取らないことや食事を気を付けることにばかり目が行ってしまって飲み物問題を忘れていませんか?

ジュースなどの甘い飲み物には、たくさんの糖質や砂糖が含まれているので本当に注意です。

実際に、糖尿病や脳卒中のリスクが上昇したというデータもあります。

特に、たまに飲む方ならいいのですが、ほぼ毎日習慣としてジュースなどを飲んでいる方はそれを今すぐお茶かお水に変えることをおすすめします。

ジュースなどの甘い飲み物を断つことは、最初はつらいかもしれませんが、慣れると欲しなくなります。

それまで少しの我慢ですので、ぜひ甘い飲み物には気を付けてみてくださいね。

5.姿勢を正す

基本中の基本ですが、姿勢を正すことで得られるメリットはたくさんあります。

姿勢を正すことによって、血行やリンパの流れがよくなり、老廃物が代謝されやすくなったり、骨盤のゆがみがとれて腰痛が改善されるなどのメリットがあります。

現代では特に、スマートフォンやパソコンを長時間見たり、デスクワークで長時間椅子に座ったりする方も多いですよね。

そこで、その時の自分の姿勢を改めて見直すことで、ぜひダイエットにつなげていきましょう!

6.水をたくさん飲む

水を飲む習慣もダイエットには欠かせない習慣です。

基本的に女性は2L、男性は3Lが飲むのが目安であるといわれています。

そもそも水を飲む習慣がない方は一日に2Lや3Lの水を飲むことは苦痛かもしれませんが、これも習慣化すれば簡単です。

朝起きたら水、食事中に水、寝る前に水、という習慣をぜひつけていきましょう。特に、朝起きて水を飲むことで、腸が活性化し、便秘に効果があります。

7.よく噛んで食事する

ドカ食いはダイエットの敵ですが、早食いも言うまでもなくダイエットの敵です。

よく噛んで食事をすることで、満腹感を得られたり、ストレスが軽減したりするようです。

一回につき、30回噛むように心掛けましょう。

そして、食事を楽しむことに意識を向けましょう。

8.食物繊維をとる

便秘を改善しない限りは、ダイエットはうまくいきません。

それぐらい、便秘はダイエットの敵であり、すぐに改善しなければなりません。

そこで重要になってくるのが、食物繊維です。食物繊維をたっぷり摂取することで、便秘知らずの生活を送ることができます。

また、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる効果もあるため、良いこと尽くしです。

糖質制限を心掛けるあまり、食物繊維をとることがおろそかになってしまう場合も多いため、食物繊維を多い食品を選んで摂取するようにしましょう。

9.ダイエットよりも健康を意識する

ダイエットにとらわれると、日々のストレスや、体重が落ちないストレスなどに囚われてしまいませんか?

私はどちらかと言えばそう言うタイプだったので、毎度毎度ストレスによるドカ食いでリバウンドをしてしまうという負のスパイラルに陥っていました。

そこで、ダイエットではなく、長期的に健康を意識するようになったときから、ストレスも減り、体重もゆるやかに減り始めました。

ダイエットをする!というよりも健康にフォーカスして、食事内容や運動内容を見直してみることをおすすめします。

10.お風呂にゆっくり入る

皆さん、お風呂につかることで、結構カロリーを消費することができるということはご存じでしたか?

「半身浴」や「高温反復浴」など、方法は様々ですが、自分に合った方法でお風呂につかることをおすすめします。

また、お風呂の中でマッサージをすることで、血行を良くしたり、代謝を高めることができます。

お風呂につかることのメリットは無限大ですので、ぜひお風呂に使って日ごろの疲れをとる習慣を付けてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ダイエットや健康に最適な10個の習慣を紹介しました。

案外簡単そうに見えて、全部できている人は少ないのではないでしょうか。

自分のできる範囲でコツコツとやっていくことをおすすめします。

こちらの記事もおすすめです。

では、またお会いしましょう!